【GO TOトラベル利用レポ】家族3人で3泊4日の北海道旅行、一体どれだけ得をしたのか?

子どもとお出かけ

GO TOトラベル キャンペーン

直前になって東京都のみ対象から外されるなど、バタバタのスタートとなった政府による観光業の救済措置。キャンペーン内容については改めてここでは解説しませんので、詳細は公式サイトをご確認ください。

 

観光業と一口に言ってもホテル・旅館をはじめ観光地周辺の商店や飲食店、各種交通機関などコロナショックによって打撃を受けた業界は多岐に渡ります。それらをどこで線引きするのかも難しいですし、仮に直接税金を投入したとしても焼け石に水であることは自明。

だったら我々民間人が積極的にお金を使いたくなるようなキャンペーンを、というのが国の目論見なのでしょう。開始タイミングの賛否はあるものの、主旨に関して否定的な方は少ないのではないでしょうか。

ただ実際に今回旅をして感じたのは、業界は既に棺桶に片足を突っ込んでいるのだという残酷な事実。空港にはかつての活気がなく、レストランやシップフロアはまるでシャッター通り商店街のよう。

その多くが臨時休業となってはいるものの、いつか戻ってくるだけの気力体力が残っているのは甚だ疑問です。

辛うじて営業している店舗もベッドに寝そべり点滴を打たれている状態といったところなのかもしれません。

どれだけお得になったのか?

宿泊先に直接予約するよりも、旅行代理店を経由すれば航空券なども一緒に割引適用されるので非常にお得です。

わたしは今回、楽天トラベルを利用してみました。

 

予約したのは7月11日、楽天トラベル独自のクーポンが発行された直後のタイミング。

利用したクーポンは10万円以上の旅費で12,000円offとなるもの。

 

旅行プランの内容は大人2名、小学生1名で

  • 中部国際空港から新千歳空港までの往復
  • 札幌センチュリーロイヤルホテル(朝食付き)に8月20日(木)から22日(土)まで3泊
  • レンタカー8月20日(木)から23日(日)午前まで

これがトータルで119,800円。

先述したクーポンを利用して107,800円。

さらに所持していた楽天ポイント7,800円分を利用し、クレジットカード決済でジャスト100,000円をお支払い。

 

さて、ここからが本題。

実は現時点(8月25日)でまだ還付金は受け取っていません。

というのも、旅行会社に代金を支払った場合は旅行会社から還付金が振り込まれるのですが、その手続きがまだ始まっていないから。

気になるのは12,000分のクーポンはともかく、利用した楽天ポイントも対象となるのかどうか。

 

還付手続きが完了次第、こちらでまた続報させていただきます。

8/30追記

楽天トラベルより還付申請を実施しました。

GO TO事務局へ直接申請の場合、宿泊証明書や領収書、旅行者が東京都民でない証明など、添付資料が多く要求させるのでかなり面倒なのですが、旅行会社経由の場合はこれらが省略されるので、めちゃくちゃ簡単でした。

ただ、実際の振り込みまでには数か月を要するみたいなので、気長に待つこととなります。

ちなみにわたしは銀行振り込みではなくより早い楽天ポイントでの還元を選択しました。

それでも還付は11月以降らしいのですが、、、

予想外の幸運!

これはまったく想定外だったのですが、出発間近になって札幌市独自のトラベルキャンペーンが実施されていることを知ったのです。

 

そのひとつがサッポロ夏割というもので、6,000円以上の対象宿泊施設利用で5,000円の割引。もうひとつがサッポロスマイルクーポンで、同じく対象宿泊施設利用でひとりにつき、一泊3,000円分のご当地クーポンが配布される、というもの。

ただ残念ながら、どちらも旅行の予定日までには配布が終了しており、指をくわえて眺めていることしかできませんでした。

 

だがしかし!

早期に予約していたからなのか、札幌センチュリーロイヤルホテルさんの粋な計らいにより、チェックイン時にしっかりと3名×3泊分、すなわちなんと27,000円分ものスマイルクーポンがいただけたのでした!

ありがとう札幌市&札幌市民の皆さん。ありがとう札幌センチュリーロイヤルホテル

おかげでこんな贅沢をさせていただきました。

これにGO TOキャンペーンによる還付金が仮に35,000円程度だとすれば、なんと実質45,800円で楽しめたことになります。

 

いやぁ最高。

札幌まじ最高だった。

実際には外食やお土産なんかでもっとお金は使っているのですが、旅行プランだけでこの費用ってちょっと信じられません。スマイルクーポンという予想外のラッキーはあったものの、それを差し引いても十分お得な旅行でした。

振り返っても三密に該当するようなシチュエーションはありませんでしたし、どこも感染対策はしっかりなされていました。車通勤なので電車にも久しぶり乗りましたが、話声がまったく聞こえなくて驚いたくらいです。

 

今後は段階的に東京もGO TOの対象になっていくでしょうし、地方独自のキャンペーンも含めるとめちゃくちゃお得に旅ができることがおわかりいただけたと思います。

ポイントとしてはじゃらんJTB楽天トラベルYahoo!トラベル一休.comといった国内の旅行会社を利用すること。これによって交通費も割引対象となりますし、なにより還付の手続きが非常に簡単になります。

一方、気を付けなければならないのは、ブッキングドットコムなど外資系の旅行代理店は対象外である点。キャンペーンの目的が国内観光業の支援ですから、こればっかりは仕方ありませんね。

 

とゆーわけで、お得に旅を楽しめるまたとないチャンスですので、お馴染みとなった感染対策をしてお出掛けしてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました