くら寿司の座席からスマホで注文システムがすごい!ウィズコロナの先に未来があった

日常のこと

先日GO TO EATキャンペーンを活用してやろうと、EPARK経由で予約をしくら寿司に行った時のこと。前回、同店を訪れたのは半年ほど前だったでしょうか。たしかその時にはなかったはずの新たなシステムが導入されており、それに心底感動したのでご報告しておきます。
これが未来では当たり前となっていればいいな、という期待も込めて。
それが座席からスマホ経由で注文できるというもの。

回転寿司御三家(スシロー、はま寿司、くら寿司)ではタッチパネルによるメニュー閲覧および注文が長らくスタンダードとなっていました。しかしながら、コロナ禍によって衛生管理の意識が2ランクほどアップした今、見た目以上に大きなイノベーションが起きていたのです。

ちょっと見にくいかもしれませんが、タッチパネルの画面にはこのような案内が。


表示されているQRコードをスマホで読み込むと、手元の画面がタッチパネル同様の働きをしてくれるのです。メニューが閲覧できる程度なら「ふーん」って感じですが、このシステムがすごいのは自分のスマホからそのまま注文できてしまうというところ。
当然、どこの座席からの注文なのかも店側には認識されています。おまけにタッチパネル側で注文したものも、しっかり反映されていくので、重複する心配もありません。
さらにタイムラグもほぼないので、ストレスフリー。
いやぁ、これは本当に便利だし、回転寿司に限らずすべての飲食店に今度導入していただきたいインフラです。

これまでタッチパネルによる注文システムにうっすらと感じていた不満がこちら
  • 衛生面の不安
  • 複数人でひとつの端末を共有しなければならない=メニューの取り合い
  • タッチパネル側の席が注文係にならざるを得ず、忙しい
  • 高い皿やアルコール類を注文しようとすると妻にブロックされる(ウチだけ?)

と、こんな感じの不満点がまるごと解消されるです。
あと単純にメニューが見やすいし、「炙り」とか「ネギトロ」みたいにテキストで検索もできて非常に便利。もちろん店員さんによる注文の聞き間違いや聞き漏れ、といったヒューマンエラーもありません。一度利用しただけですが、UI、UXともに大変優れた技術、それがくら寿司の座席からスマホで注文システムなのでした。


肝心のお寿司の味ですが、わたしはあまり生ものが得意ではないので、ジャッジに自信がありません。
是非、ご自身の舌でご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました